犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:心臓 >  犬の心臓の病気:拡張型心筋症

スポンサードリンク

犬の心臓の病気:拡張型心筋症

犬の心臓の病気のうち、拡張型心筋症は、グレートデンやセントバーナードなどの
超大型犬といわれる犬種に発症しやすいといわれている病気です。
また、発症年齢は4才から6才といわれ、傾向として、
オスはメスより4倍程度多く発症するといわれています。
拡張型心筋症の症状は、症状があらわれるまでには時間がかかり、
その間に進行していくといわれ、食欲不振、咳、呼吸困難、
失神などの症状が見られるようになってきたら、
ある程度進行していると考えなければなりません。
拡張型心筋症の恐ろしいところは、
はっきりとした症状があらわれるまでにかなりの病状が進行し、
突然死亡することもあるという点です。
拡張型心筋症の原因は、大型犬の場合はほとんどが遺伝性だと考えられていますが、
コッカースパニエルの場合には、
カルニチンやタウリンなどの微量栄養素の不足ではないかといわれています。
拡張型心筋症の治療方法は、強心剤、利尿剤、血管拡張薬などによる投薬治療と、
塩分を控える食事、運動制限などです。
拡張型心筋症は完治はできない病気のため、薬を利用しながら進行を遅らせ、
生活を送ることになります。
大型犬の飼い主は、拡張型心筋症に気をつけて、
異常が感じられたら、早期に獣医師に相談しましょう。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:心臓 >  犬の心臓の病気:拡張型心筋症