犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:心臓 >  犬の心臓の病気:細菌性心内膜炎

スポンサードリンク

犬の心臓の病気:細菌性心内膜炎

犬の心臓の病気に、細菌性心内膜炎があります。
細菌性心内膜炎とは、心臓の弁や心臓の内側の心内膜に細菌感染が起こり、
心臓大動脈便と僧帽弁が犯される心臓の病気です。
症状としては、不整脈、食欲低下、発熱などが見られます。
細菌性心内膜炎の原因は、血液中にブドウ球菌や連鎖球菌、
大腸菌などの細菌が入り込み、それが心内膜で増殖したためだということです。
そして、細菌の進入経路としては、虫歯や骨折からの進入、
泌尿器官や消化器官からの進入、扁桃腺からの進入などが考えられるそうです。
治療方法は、細菌を撃退するための抗生物質の投与を長期間行います。
もともと心臓病のある犬は細菌感染による心内膜炎になりやすいため、
日頃から予防として抗生物質を飲んでおくことも必要です。
そして、細菌性心内膜炎にならないためには、原因となる歯や骨の病気、
そのたの器官の病気の治療をきちんとすることが大切です。
また、細菌性心内膜炎は、その他の臓器で塞栓や跛行が起こることもあり、
様々な病気を引き起こす危険な病気です。
飼い主は、愛犬のどんな病気も早期発見早期治療を心がけ、病気の連鎖を防いでやりましょう。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:心臓 >  犬の心臓の病気:細菌性心内膜炎