犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:消化器官 >  犬の消化器官の病気:食道炎

スポンサードリンク

犬の消化器官の病気:食道炎

犬の上部消化器官の病気に、食道炎があります。
食道炎は、食道に炎症が起きる病気です。
食道炎の症状としては、食欲不振が見られます。
原因は様々ですが、胃液の逆流、食道狭窄、食道痙攣、食道腫瘍、異物誤飲による刺激、薬物の誤飲、感染症などがあげられます。
食道炎の疑いがある場合、バリウム造影によるレントゲン撮影や、内視鏡検査、血液検査を行います。
治療方法は食道炎の原因によって異なりますが、原因への治療を行いながら、軽度の場合は食事を控えたり、食道に優しい流動食などを与えるなどの対処を行います。
潰瘍性食道炎などの重度の食道炎になると、食道への刺激を避けるために胃までチューブを入れて、流動食を与えることが必要になる場合もあります。
また、潰瘍性食道炎の場合には、完治までには時間がかかります。
犬の食道炎の予防として、日頃から、食事の量に変化はないかなどの犬の体調を観察することが大切です。
その上で、犬が体調不良になった場合、不調が長引くようなら、きちんと獣医師に相談することが必要です。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:消化器官 >  犬の消化器官の病気:食道炎