犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:腸 >  犬の腸の病気:腸管通過障害

スポンサードリンク

犬の腸の病気:腸管通過障害

犬の腸の病気に、腸管通過障害があります。
腸管通過障害とは、腸管の途中で腸の内容物の通過に障害が起きる病気です。
腸管通過障害になると、脱水症状を起したり、腸の血行が滞ると腸が壊死する場合もあります。
そして、腸管通過障害の最も重篤なものは腸閉塞で、腸閉塞になると、
緊急の外科手術が必要になります。
犬が腸管通過障害を起こす原因としては、誤飲、寄生虫、ヘルニア、
先天的な障害などがあげられます。
その中で、飼い主が注意してやれば防げる原因は、誤飲です。
誤飲は、特に子犬の場合に起きやすく、遊んでいたり、お腹がすいているときに、
消化できない異物を飲んでしまうのです。
誤飲が起きるものとしては、布、ボール、石、犬用チューイングガム、ヒモ、
プラスチック製品などがあります。
誤飲をしてしまっても、たいていのものは排泄されるのですが、
中には腸管内で留まり、閉塞を起こす原因になるものもあります。
腸管通過障害の症状としては、便秘、ガスの増加、腹部膨満などがあります。
腸管通過障害は、触診やレントゲン検査でわかります。
愛犬の腹部の異常に気づいたら、獣医師の診察を受けさせましょう。
また、飼い主は犬の排便状態に気をつけ、
身の回りにあったボールなどがなくなっていないかなどについても日頃から注意を払い、
犬の腸管通過障害を予防、早期発見しましょう。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:腸 >  犬の腸の病気:腸管通過障害