犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:口 >  犬の口の病気:唇の炎症

スポンサードリンク

犬の口の病気:唇の炎症

犬の口の病気に、唇の炎症があります。
犬の唇にはひだなどがあり、犬種によっては、そのひだが垂れ下がっているものもあります。
犬の唇が炎症をおこすと、乾燥した唇にひび割れができてかさぶたになったり、
ただれて悪臭がするなどの状態になります。
犬の唇の炎症の原因は様々ですが、外傷による感染や、アレルギー、
細菌や真菌の増殖、免疫系の疾患などがあります。
犬の唇は、その他の皮膚と同様、加齢によって弾力性がなくなり、
傷つきやすくなるといわれています。
治療方法は、傷による炎症の場合は、
刺激のない消毒薬で傷を洗浄するなどの傷の治療はじめに行います。
それ以外の炎症でも、まず消毒をしてから、抗生物質や抗炎症剤の入った軟膏をつけます。
毎日の生活の中では、犬が餌を食べた後に、薄めた消毒薬で毎回洗浄してやると、
感染のリスクが少なくなるということです。
また、唇の炎症がひどい場合には、唇のひだの一部を外科手術で切除する場合もあるそうです。
犬の唇の炎症を予防するためには、犬が唇に怪我をするようなものを身近に置かないことや、
高齢になった犬の唇が乾燥しないようにクリームを塗ってやることなどが大切です。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:口 >  犬の口の病気:唇の炎症