犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:肛門 >  犬の肛門の病気:肛門嚢炎

スポンサードリンク

犬の肛門の病気:肛門嚢炎

犬の肛門の病気に、肛門嚢炎があります。
肛門嚢炎は、肛門の近くにある分泌線のひとつの肛門嚢に炎症が起きる病気です。
肛門嚢は、臭いの分泌液を作る場所です。
分泌液を排出する管が閉塞したり、細菌感染によって炎症を起こすと、肛門嚢炎になるのです。
犬だけでなく、猫にも肛門嚢はありますが、
犬の方が肛門嚢炎になりやすい体質を持っているということです。
犬が肛門嚢炎になると、肛門の周辺を頻繁に舐めたり、
お尻を地面にこするなどの行動が見られるようになり、炎症が進行すると、
肛門嚢が腫れて破れることで痛みを伴うようになります。
また、感染がひどくなると、化膿して膿瘍になり、膿や血液が出るようになります。
肛門嚢炎の治療は、肛門嚢に膿が溜まり穴が開いている場合には、
消毒をして抗生物質の投薬を行います。
予防方法は、定期的に肛門嚢の腫れをチェックすることです。
腫れていると気づいたら、肛門嚢炎以外にも周囲腺の腫瘍やガンも考えられるため、
獣医師に見てもらいましょう。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:肛門 >  犬の肛門の病気:肛門嚢炎