犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:歯 >  犬の歯の病気:歯肉炎

スポンサードリンク

犬の歯の病気:歯肉炎

犬の歯の病気に、老化による歯肉炎などの歯茎の病気があります。
犬の歯に残った餌のかすが歯肉炎の原因になるのですが、犬も高齢になると、長年使用してきた歯も弱ったり、長期間の食生活で溜まった歯垢の蓄積による細菌の繁殖も起こります。
若い犬の場合、歯磨きになるおやつを噛むだけで、歯垢がとれるのですが、高齢になった犬が弱った歯で硬いおやつを噛むことは、歯茎への負担になることもあります。
歯肉炎にかかっている犬は、約8割から9割ということですから、飼い主はもっと犬の歯の健康に気を使わなければならないでしょう。
ただ、人間と同様、老化により歯肉炎になりやすくなることは確かです。
歯肉炎の症状としては、口が臭い、よだれが多い、葉がぐらつく、歯が茶色いなどです。
歯肉炎を放置すると、口の中で繁殖した細菌が血液中に進入し、全身に回り、身体全体の病気の原因になります。
高齢な犬は免疫力も低下しているため、歯肉炎からくる最近によって、心臓弁や関節の重大な病気をもたらす可能性があるため、しっかり治療することが必要です。
歯肉炎の治療方法は、歯石除去と研磨です。
せっかく治療を受けたら、その後に再発しないよう、また、悪化しないように、飼い主は犬の歯の手入れをしっかりしてやりましょう。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:歯 >  犬の歯の病気:歯肉炎