犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:感染症 >  犬の感染症の病気:アデノウィルス感染症

スポンサードリンク

犬の感染症の病気:アデノウィルス感染症

犬の病気アデノウィルス感染症があります。
子犬や幼犬がアデノウィルス感染症は、犬伝染性肝炎ともいわれる急性敗血症性感染症で、子犬や幼犬は死亡することもあるほど危険な犬の病気です。
アデノウィルス感染症の症状は、鼻水、元気消失、発熱ですが、進行すると食欲低下、嘔吐、扁桃腺の腫れなどです。
このアデノウィルス感染症には1型と2型があり、2型は一般的な扁桃腺炎を引き起こし、死亡する危険性が高い危険な急性敗血症性感染症は1型アデノウィルス感染症です。
しかし、2型のアデノウィルス感染症の場合も、扁桃腺炎にとどまらず肺炎に進行することもあるため、油断することはできません。
アデノウィルス感染症による扁桃腺炎以外の喉が腫れる病気としては、腫瘍、がん、リンパ腫があります。
扁桃腺炎の治療方法は、非ステロイド性抗炎症剤と抗生物質を投薬します。
また、慢性の扁桃腺炎の場合、外科手術による扁桃腺摘出術を行う場合もあります。
アデノウィルス感染症の予防には、ワクチン接種も大切です。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:感染症 >  犬の感染症の病気:アデノウィルス感染症