犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:歯 >  犬の歯の病気:歯の破損

スポンサードリンク

犬の歯の病気:歯の破損

犬の歯の病気として、歯の破損は比較的よく見られます。
犬は食べるために骨を噛み砕く以外にも、遊びとして硬い棒をかじるなど、歯の破損の原因になることを日常的によく行っているものです。
そのため、犬の歯の破損は比較的よく起きる歯のトラブルでもあります。
犬によっては噛むことが大好きで、外で石や木の棒などを拾ってきて噛んでいることもありますが、特に割れやすいのは後白歯です。
また、硬いものを長時間噛んだために歯が磨耗すると、歯髄が露出することがあり、感染症を起こすことがあります。
歯が破損した場合、エナメル質が欠けた程度では痛みは生じませんが、破損が歯髄まで到達している場合には、痛みもあり、感染症を起します。
歯の破損の症状は、犬の食欲がないときに、口の中を観察してみると、歯の破損が見られることがあります。
歯髄に感染がある場合には詰め物をする根管治療が必要です。
また、破損の程度によっては抜歯をすることもあります。
犬の歯の破損トラブルの予防としては、飼い主による犬の身の回りの管理が重要です。
飼い主は、犬が危険なものをかんでいないかを確認し、歯の破損や口の中の傷や病気を未然に防ぎましょう。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:歯 >  犬の歯の病気:歯の破損