犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:目 >  犬の目の病気:緑内障

スポンサードリンク

犬の目の病気:緑内障

犬の目の病気緑内障があります。
緑内障とは、視神経乳頭という眼球の奥にある視神経が、眼圧によって圧迫され、
萎縮することで、視野が狭くなる犬の目の病気です。
眼圧が高い状態を放置しておくと視神経の萎縮も進行し、
視神経に狭窄が起きれて失明してしまうことになる危険な病気です。
緑内障は白内障と同様に視力にかかわる犬の目の病気ですが、
白内障とは違い、緑内障のために視力を失えば、視力の回復は見込めません。
緑内障の原因は、先天性のものと、目の炎症によるもの、外傷、
腫瘍などによるものがあるといわれています。
また、急性の緑内障の場合、犬の眼球全体が膨張したり、赤くなったりするのですが、
急性虹彩炎や急性結膜炎などと間違えないように診断・治療を受けることが重要です。
緑内障の治療は眼圧を下げることですが、その方法には、
高浸透圧性の糖分を含む液を静脈注射する方法と、外科手術があります。
予防策として、犬の目が赤くなっていないか、膨張していないかに気をつけることです。
また、緑内障の原因の高眼圧になりやすい、
目が大きくて飛び出しぎみのパグやシーズーなどの犬種については特に注意して、
定期検査などを受けさせることも大切です。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:目 >  犬の目の病気:緑内障