犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の骨の病気 >  犬の骨の病気:汎骨炎

スポンサードリンク

犬の骨の病気:汎骨炎

汎骨炎とは、成長期のの中でも、特に2歳以下の犬に多く見られる骨の病気です。
汎骨炎は骨の内部に炎症が起きる病気で、一度に複数の部位に発症する事もありますが、
特に起こりやすい部位としては後肢があげられます。
犬が汎骨炎になると、痛みのために歩き方の異常が見られるようになります。
その時に、異常が見られる足が別の足へと換わっていくように見える場合は、
一度に複数の足が汎骨炎を起こしていると考えられます。
治療方法としては、抗炎症剤の投薬ですが、症状が何度か現れたり消えたりしていくうちに、
成犬になる頃には症状が治まルトいわれています。
飼い主は子犬の歩き方に異常を感じたら、早めに獣医師の受診を受けさせましょう。
汎骨炎は成犬になれば完治するといわれている病気ですが、
そのほかにも子犬の骨の病気があるため、早期発見早期治療は、子犬の一生にかかわります。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の骨の病気 >  犬の骨の病気:汎骨炎