犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:骨 >  犬の骨の病気:くる病

スポンサードリンク

犬の骨の病気:くる病

犬の骨の病気に、くる病があります。
くる病というと、栄養状態の悪い時代には、人間にも良く見られる病気でしたが、犬の場合は成長期に起きやすい骨の病気だといわれています。
くる病になると、骨の成長に異常が起きるため、骨に湾曲がみられたり、関節が腫れあがります。
また、骨に十分栄養が足りていないため、ちょっとしたことで骨折しやすくなってしまいます。
くる病になる原因は、骨の成長に必要な栄養素のカルシウム、燐、ビタミンDが不足するためです。
成長期の子犬は運動量も多く、成犬よりもカルシウム、燐、ビタミンD、アミノ酸成分が必要だといわれ、バランスの良い離乳食を与えることで、くる病の予防や改善につながります。
市販のドッグフードを選ぶ際には、カルシウムやなどの必要栄養素がたっぷり含まれたパピー用のペットフードを選ぶといいでしょう。
子犬の時期に病気になると、成犬になってからも病気がちになることがあります。
子犬のうちから健康には気をつけてやりたいものですね。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:骨 >  犬の骨の病気:くる病