犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:目 >  犬の目の病気:白内障

スポンサードリンク

犬の目の病気:白内障

犬の目の病気に、白内障があります。
白内障は、人間でも子売れになると比較的誰でもかかりやすいのですが、犬の場合でも見られる病気です。
犬の場合には、特に糖尿病の犬がかかりやすいといわれています。
その他の原因としては、人間と同じく加齢によるもの、また、外傷、薬物による中毒、遺伝などがあげられます。
白内障の症状は、目の水晶体が白くにごってくるのがわかります。
そして、徐々に視力が落ちていくため、まっすぐ歩けなくなったり、障害物に気づかずにぶつかるなどの、歩行に困難が生じます。
白内障の治療方法としては、完全に治すためには、人間と同様に目の水晶体を人口レンズに換える外科手術です。
一般的には、手術ではなく、白内障の進行を抑えるための目薬を使います。
長らく一緒に生活をしていくと、犬もおいていくのが当然です。
愛犬が高齢になり、白内障になったとしても、家族として愛情のこもった世話をしてやりたいものですね。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:目 >  犬の目の病気:白内障