犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:目 >  犬の目の病気:非潰瘍性角膜炎

スポンサードリンク

犬の目の病気:非潰瘍性角膜炎

犬の目の病気に、潰瘍性角膜炎がありますが、他の角膜炎として、非潰瘍性角膜炎という病気があります。
この非潰瘍性角膜炎は、角膜に潰瘍はありません。
非潰瘍性角膜炎にも何種類かあり、角膜が曇る間質性角膜炎、角膜内に血管が増殖する血管性角膜炎、遺伝による慢性表層性角膜炎(パンヌス)などがあります。
非潰瘍性角膜炎の症状としては、角膜にメラニン色素が沈着したり、間質性角膜炎の場合には角膜の曇りによって、目が青っぽく見えることがあります。
そのため、間質性角膜炎はブルーアイとも呼ばれます。
非潰瘍性角膜炎の治療方法ですが、間質性角膜炎の場合、自然治癒することがほとんどです。
血管性角膜炎の場合も、原因となる角膜を刺激する要因を取り除けば、自然治癒していきます。
しかし、色素沈着が進行する進行性色素性角膜炎の場合、シクロスポリンの局所投与を行っても、最終的には失明してしまいます。
犬にとっても目はとても大切です。
犬の目の病気は、早期発見早期治療で回復させてやることが飼い主の務めですが、万が一、失明してしまっても、犬が幸せに暮らせるような工夫をしてやることが大切です。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:目 >  犬の目の病気:非潰瘍性角膜炎