犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:耳 >  犬の耳の病気:耳の腫瘍

スポンサードリンク

犬の耳の病気:耳の腫瘍

犬の耳の病気に、高齢の犬に多いといわれる耳の腫瘍があります。
犬の耳の腫瘍は、良性の場合と悪性の場合がありますが、
耳の中のアポクリン腺という汗腺が腫瘍化したものです。
その症状は、耳の中にいぼのようなものがたくさんでき、
悪化すると化膿や出血が見られるようになるものです。
犬の耳の腫瘍を放置しておくと、耳の穴をふさいでしまうくらい大きくなることもあります。
治療方法は、血液検査や細胞組織検査を行い、良性腫瘍か悪性腫瘍かを調べます。
その後、腫瘍の摘出手術を行います。
悪化した耳の主要の場合、耳の表皮だけでなく、
軟骨までも切除しなければならないということです。
犬の耳の腫瘍の予防方法は、犬の健康管理の一環として、定期的な耳掃除を行い、
犬の耳に異常がないかを観察することです。
その上で、耳にいぼができた場合、獣医師に相談し、耳の腫瘍かどうかを判断してもらいましょう。
悪性のガンの場合は特に、早期の切除手術が必要です。
犬の健康管理をしっかり行い、犬の耳の腫瘍を早期発見早期治療しましょう。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:耳 >  犬の耳の病気:耳の腫瘍