犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:腸 >  犬の直腸の病気:直腸脱

スポンサードリンク

犬の直腸の病気:直腸脱

犬の直腸の病気に、直腸脱という、肛門から直腸の層が脱出する病気があります。
人間の病気にも脱腸といわれる同じ症状の病気がありますが、犬の場合にも起こり、
犬種による発生率の差はありませんが、若い犬に多いといわれています。
直腸脱には、部分的に脱出するタイプと、直腸の全層が脱出するタイプがあります。
この病気にかかる犬は、盲腸炎、結腸炎、直腸肛門炎に関連した症状として、
無便しぶりなどの症状を表します。
また、直腸脱に気づかないまま放置していると、脱出した直腸を犬が噛んでしまうと、
直腸が破損し、出血や潰瘍が起こり、直腸の壊死につながることがあるため、
適切な対処を行わなければなりません。
治療方法は、むくみを取ってから直腸を体内に戻しますが、直腸の破損がある場合は、
外科手術も必要になります。
直腸脱の原因としては、肛門内に異物があることや、肛門腫瘍、
直腸粘膜の浮腫や消化管の寄生虫、慢性の下痢などが上げられます。
犬がこれらの症状を表している場合は、直腸脱にならないように
早めの対処をしてやることが大切です。
犬の病気を予防するために、飼い主は、
日ごろから犬の健康状態をチェックするように心がけましょう。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:腸 >  犬の直腸の病気:直腸脱