犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:鼻 >  犬の鼻の病気:副鼻腔炎

スポンサードリンク

犬の鼻の病気:副鼻腔炎

犬の鼻の病気に、副鼻腔炎があります。
副鼻腔炎の症状は、鼻炎と同じようにたまに鼻水をたらす程度ですが、
そのまま気づかずに放置してしまうと、くしゃみや、
粘度の強い鼻水のために呼吸困難になったり、
鼻水に血が混じるなどの症状があらわれてきます。
犬の副鼻腔炎の原因は、鼻炎の慢性化によるもの、歯牙疾患の重症化による炎症、
外傷による炎症、細菌や真菌が原因のもの、腫瘍などによるものがあげられます。
副鼻腔は、目から頬の間の位置の頭蓋骨の内側にある骨洞で、
鼻から鼻腔の奥に続いている空洞です。
その内側は、粘膜性骨膜という粘膜で保護されています。
副鼻腔炎になるとその粘膜に炎症が起こり、膿が溜まり、
悪臭のある粘度の濃い鼻水が始終流れ出てきます。
治療方法としては、副鼻腔に溜まった膿を出すために、
直接チューブを挿入して洗浄する方法があります。
また、原因によっては、歯牙疾患が原因の場合は抜歯、
細菌への対処としては抗生物質の投与などを行います。
犬の鼻炎を放置したり、悪臭のある鼻水がたれたり、
鼻づまりで息苦しそうにしている場合は、副鼻腔炎の可能性がありますので、
きちんと獣医師の元で診察をしてもらいましょう。
鼻は犬にとってとても大切な器官ですので、飼い主は犬の健康をしっかり管理してやりましょう。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:鼻 >  犬の鼻の病気:副鼻腔炎