犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:肺 >  犬の肺の病気:ウィルス性肺炎

スポンサードリンク

犬の肺の病気:ウィルス性肺炎

犬の肺の病気に、肺が炎症を起こす肺炎があります。
肺炎の原因には、ウイルス、細菌、カビによる感染がありますが、ウィルス性肺炎は、
ウィルスが原因で発症する肺炎で、ウィルスによって肺の中が炎症を起こし、
肺の一部が水浸しになり、呼吸困難を引き起こします。
肺炎の原因となるウィルスには、犬ジステンバーウィルス、犬アデノウイルス、
犬パラインフルエンザウイルスなどがあります。
ウィルス性肺炎にかかった犬の症状は、初期症状として元気消失、発熱、食欲不振、
脱水症状と共に、気管や気管支に炎症をおこし、呼吸難の症状があらわれます。
肺炎の治療方法としては、感染を抑える抗生物質の投与、
肺の炎症を抑える消炎剤の内服や、酸素吸入を行います。
そして、肺炎治療で最も大切なことは、犬を安静な状態にしてやることです。
愛犬が肺炎にかかってしまったら、獣医師の下で治療を受け、
自宅に帰ってから1ヶ月程度は安静を保ってやるようにしましょう。
飼い主が様態をしっかり観察しながら、獣医師と相談し、回復を見守ってやることが大切です。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:肺 >  犬の肺の病気:ウィルス性肺炎