犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:肺 >  犬の肺の病気:肺気腫

スポンサードリンク

犬の肺の病気:肺気腫

犬の肺の病気には、肺気腫があります。
同じような犬の肺の病気に、肺の内部に体液が溜まる肺水腫という病気がありますが、
肺気腫は肺胞が異常に広がって、空気を必要以上に含む病気です。
急性の肺気腫が発症した場合、犬は過度の呼吸困難のために
口や鼻からヨダレを流して苦しみだします。
また、慢性の肺気腫を発症している犬は、軽い運動をしただけで呼吸が荒くなり、
呼吸困難をおこしたり、疲れやすいという症状を見せます。
肺気腫は、肺の中に必要以上の空気が溜まり、胸や首などの皮膚の下に押し潰されて、
空気がたまった皮下気腫の状態を引き起こすこともあります。
肺気腫になる原因としては、気管支炎や腫瘍、外傷によるものがあります。
治療としては、原因となる腫瘍や外傷の手当てを行います。
また、原因不明で引き起こされた肺気腫の場合、酸素吸入の保存治療を行ない、
肺の損傷が進まないようにします。
犬を散歩させたときに、息苦しそうにしている場合は、慢性の肺気腫の可能性も考えて、
様子を観察し、必要があれば獣医師に相談してみましょう。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:肺 >  犬の肺の病気:肺気腫