犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:肺 >  犬の肺の病気:気管支狭窄

スポンサードリンク

犬の肺の病気:気管支狭窄

犬の肺の病気に、気管支狭窄があります。
気管支狭窄とは、気管や気管支が狭められる病気です。
その原因は、何らかの病気によって気管や気管支の内部が大きくなり、
気管支が狭くなったことや、食道や胸腔内の臓器にできた腫瘍により気管支が圧迫されたり、
異物を吸い込んだことなどがあげられます。
気管支狭窄の症状は、咳や荒い呼吸、いびき、ゼーゼーという喘鳴です。
原因が異物の吸引の場合、その異物が気管支より奥の葉気管支や肺の中枢まで到達すると、
肺の末端が傷つき、危険な状態が引き起こされます。
その場合、肺内部から異物を除去する手術が必要になることもあります。
異物が肺の奥まで到達していない場合は、犬が異物を吐き出しやすくなる体制をとらせたり、
喉に麻酔を行い、異物を取り出すなどの治療を行います。
異物が原因ではない気管支狭窄の治療は、
呼吸を楽にするために期間を広げる気管支拡張薬の投与で、気管の収縮筋肉を抑制します。
犬が息苦しそうにしているときには、異物の誤飲がないかどうか、飼い主は確かめてやりましょう。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:肺 >  犬の肺の病気:気管支狭窄