犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:血液 >  犬の血液の病気:溶血性貧血

スポンサードリンク

犬の血液の病気:溶血性貧血

溶血性貧血は、犬の血液の病気です。
溶血性貧血は、遺伝的要因による赤血球酵素異常症や膜異常症などから
循環血中赤血球の崩壊が進む再生性の貧血で、自己免疫性溶血性貧血ともいいます。
この病気は、直接の発症原因は、自己免疫機能の異状により、赤血球への抗体が生まれ、
それが正常な赤血球を破壊することで、赤血球が減少し、貧血や黄疸、血尿などが起こります。
これらの症状が突然あらわれるのが、自己免疫性溶血性貧血という犬の血液の病気です。
また、遺伝的要因以外にも、たまねぎ中毒によっても溶血性貧血が起きますが、
それはハインツ小体性溶血性貧血といわれる犬の血液の病気です。
犬が溶血性貧血担った場合に飼い主が感じる犬の様子の変化としては、
急に運動を嫌がるようになったり、食欲不振や嘔吐、呼吸困難や疲労、
貧血による結膜や歯肉、耳の内側が白っぽくなるなどの症状があります。
診断方法は、血液検査によって赤血球の抗体を調べます。
治療方法としては、貧血症状を改善するために輸血をしたり、
誤った作用を起こしている自己免疫を抑制するためのステロイド治療を行いますが、
副作用もあるため、慎重に行わなければなりません。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:血液 >  犬の血液の病気:溶血性貧血