犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の骨の病気 >  犬の骨の病気:股関節形成不全

スポンサードリンク

犬の骨の病気:股関節形成不全

犬の骨の病気に、股関節形成異常という関節の骨に異常が生じる病気があります。
股関節形成異常とは、股関節が変形する病気ですが、
中型から大型犬で発症することが多い骨の病気です。
原因としては、7割が遺伝的要因によるもので、3割が環境的要因によるものだといわれています。
また、股関節形成不全は、人間が犬の外見を重視した繁殖を行ったために
生まれた病気だともいわれています。
股関節形成不全の犬の症状は、体重の増加が見られる生後4ヶ月頃からあらわれます。
股関節形成不全は犬にとって痛みがある骨の病気のため、普通のお座りではなく、
横座りしかできなかったり、歩くときに腰がゆれるモンローウォークといわれる症状があらわれます。
また、階段の昇降を嫌がる、両後肢を同時に動かす歩行を行う、前足が円を描くように出る、
立ち上がるときに痛そうにするなどの症状も見られます。
股関節形成不全の治療法には、股関節の負担を軽くするための体重制限や運動制限、
痛みを抑えるための消炎鎮痛剤の使用、リハビリがあります。
そして、重症の場合には、切除関節形成手術 、骨盤3点骨切り術、
人工関節置換手術などの外科手術を行います。
そして、股関節形成不全の原因の7割は遺伝的要因のため、繁殖をしないことが求められます。
股関節形成不全は、犬が一生痛みを抱えて生きていかなければならない病気ですので、
繁殖をしない選択も必要ではないでしょうか。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の骨の病気 >  犬の骨の病気:股関節形成不全