犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:胆のう >  犬の胆のうの病気:胆石症

スポンサードリンク

犬の胆のうの病気:胆石症

犬の胆のうの病気に、胆石症という病気があります。
胆石症は、胆のうの中に内に変質した胆汁成分が結晶化してたまる病気です。
また、胆汁が結晶化したした場合は胆石症といい、
変質した胆汁が泥上になってたまる場合は胆泥症といわれます。
胆石症も胆泥症も、胆汁が変質する病気ですが、
その原因には胆のう炎の悪化がかかわっているといわれています。
犬が胆石症になると、胆汁が十二指腸に分泌されなくなるための消化不良、
胆汁不足による便の白灰色化、胆のう閉塞性黄疸、胆のうの腫れが引き起こされます。
胆応援の初期症状はほとんどないといわれていますが、レントゲン検査、
超音波エコー検査をすると、胆のう内に石や泥状の陰を見つけることができます。
胆石症の治療方法としては、原因が胆のう炎の場合には抗生物質や利胆剤の投与を行います。
しかし、胆石症がひどくなっていたり、
重度の胆のう炎のために胆のうが破裂する可能性が高い場合には、
胆のう除去の外科手術を行います。
胆のう破裂による腹膜炎が起きると、細菌感染や敗血症で死亡する可能性があるため、
胆石症は早期治療が必要な犬の病気です。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:胆のう >  犬の胆のうの病気:胆石症