犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:胆のう >  犬の胆のうの病気:胆管閉塞症

スポンサードリンク

犬の胆のうの病気:胆管閉塞症

の病気のうち、胆のうの病気に、胆管閉塞症があります。
胆管閉塞症とは、胆管という、胆のうから腸管へつながっている胆汁が通る細い管が、
炎症などによってふさがってしまう病気です。
胆管閉塞症になる原因は、膵臓疾患によるものが最も多いといわれていますが、
胆石症や胆のう炎による総胆管閉塞症もあります。
胆管閉塞症が重症化すると、胆管破裂や胆管閉塞性黄疸、
胆のう破裂による腹膜炎などが危惧されます。
胆管閉塞症の診断としては、血液検査、レントゲン検査、超音波エコー検査があります。
治療方法は、炎症を抑えるための抗生物質投与や、
胆石が原因の場合には胆石除去治療を行います。
胆管閉塞症は、早期治療を行うことで、
胆管破裂に至らないようにする必要がある犬の胆のうの病気です。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:胆のう >  犬の胆のうの病気:胆管閉塞症