犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:肝臓 >  犬の肝臓の病気:肝硬変

スポンサードリンク

犬の肝臓の病気:肝硬変

犬の肝臓の病気肝硬変があります。
肝硬変とは、肝臓の正常な細胞が破壊され、繊維細胞に変化していき、
肝臓が萎縮し硬くなり、肝臓の正常な働きが低下する病気です。
人間の場合、飲酒が過ぎると肝硬変になる確立が高くなるといわれますが、
犬の場合は肥満が原因の脂肪肝から肝硬変になる場合があるようです。
犬の肝硬変の症状には、食欲不振、嘔吐、下痢、黄疸、腹水などがあります。
診断方法には、血液検査や尿検査、超音波エコー検査があります。
犬の肝硬変の完治率は低く、5%以下だといわれています。
治療方法は、、食餌療法として高栄養の餌を与えることと、安静にすることがあげられます。
肝硬変は、死亡する確率の高い犬の病気のため、予防をすることが大切です。
肝硬変の予防方法としては、犬種の年齢や体力に見合った餌を与え、
肥満を防止することと、犬に過度のストレスを与えないことです。
欲しがるからといって、人間と同じ食べ物やおやつを与えることは、飼い主として失格です。
飼い主のしっかりした食餌管理が、愛犬の健康管理のポイントです。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:肝臓 >  犬の肝臓の病気:肝硬変