犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:肝臓 >  犬の肝臓の病気:肝臓腫瘍

スポンサードリンク

犬の肝臓の病気:肝臓腫瘍

肝臓腫瘍はまれな病気だといわれていますが、原発性の肝臓腫瘍と、
別の部位にできた腫瘍が肝臓に転移をした結果として二次的に生じるものがあります。
犬が肝臓腫瘍になった場合の症状には、食欲不振、体重減少、嘔吐、噂眠などがあります。
肝臓腫瘍の診断方法には、血液検査や尿検査、レントゲン検査、CT検査、
MRI検査などがあります。そして、肝臓腫瘍の正確な診断を行う方法としては、
バイオプシーという生体組織採取検査が有効です。
生体組織採取検査によって、肝臓腫瘍が良性か悪性かを見極めることができ、
その後の治療方法を決定することができます。
治療方法は外科手術ですが、腫瘍が肝臓のどの部分にできているかによって、
手術が可能かどうかが決まるといわれています。
また、犬の肝臓腫瘍の手術は難易度が高いため、
大学病院などの経験豊富な獣医師の手による検査と手術が望ましいといわれています。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:肝臓 >  犬の肝臓の病気:肝臓腫瘍