犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:肝臓 >  犬の肝臓の病気:門脈シャント

スポンサードリンク

犬の肝臓の病気:門脈シャント

犬の肝臓の病気に、門脈シャントという病気があります。
門脈シャントという病名の、門脈というのは、胃や小腸、大腸、脾臓、膵臓からの血液を
肝臓に流す血管のことで、シャントというのは、近道とか、バイパスという意味です。
ですから、門脈シャントという犬の肝臓の病気は、
門脈と血管の間に異常結合してしまった近道の血管によって、
肝臓で解毒されるはずのアンモニアなどの有毒物質が含まれた血液が、
処理されないままで全身に回り、障害を引き起こす病気です。
この門脈シャントという病気の原因は、先天性の場合がほとんどだといわれています。
門脈シャントがある場合の犬の症状としては、食後に意識障害や痙攣、昏睡、うつ症状、
旋回、凶暴化などの神経症状が現れます。
なぜなら、食事によって摂取された栄養を血液が肝臓に運ぶのですが、
門脈シャントがあるために、肝臓で解毒されない有毒物質が脳を含む全身に回るからです。
診断方法には、血液検査や尿検査、レントゲン造影検査、CT造影検査などがあります。
そして、治療方法には、シャント血管の閉鎖手術、抗生物質の投与、
アンモニアなどの毒素が腸管内で増加することを抑制するための
低タンパク食による食餌療法などがあります。
一般的には、門脈シャントという犬の肝臓の病気は、1歳未満で見つかることが多いのですが、
成犬になってから見つかると、肝臓が弱っていることが多く、
より重篤な状態になる可能性があります。
飼い主は、日ごろの犬の様子を観察し、門脈シャントの可能性を感じた場合は、
早期発見早期治療をしてやりましょう。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:肝臓 >  犬の肝臓の病気:門脈シャント