犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:肝臓 >  犬の肝臓の病気:慢性肝炎

スポンサードリンク

犬の肝臓の病気:慢性肝炎

犬の肝臓の病気に、慢性肝炎があります。
犬が慢性肝炎になっても特別な症状があらわれないため、
慢性肝炎の早期発見は難しいといわれています。
また、慢性肝炎は、病変によって壊された肝臓が線維に置き換わる病気のため、
元通りの健康な肝臓に治ることはありません。
慢性肝炎の原因は、遺伝によるものと、肝臓以外の病気によるものがあります。
遺伝性の慢性肝炎を生じやすい犬種は、日ごろから肝臓の定期健診をしておくと安心です。
そして、肝臓以外の病気によって生じる慢性肝炎の場合は、
まず原因となった病気の治療を行わなければなりません。
症状があらわれにくい慢性肝炎ですが、症状が進行してくると、
黄疸というからだの組織が黄色くなる症状があらわれてきます。
そして、胆汁が滞るため、尿が暗茶色になります。
便には脂肪が含まれるようになり、便の色が灰白色になります。
犬が慢性肝炎になった場合のその他の症状としては、食欲不振や嘔吐、腹水、
血液凝固障害、肝性脳症、肝硬変、肝不全などがあります。
慢性肝炎という犬の病気の治療法は、慢性肝炎のタイプによって異なりますが、
肝臓の機能を悪化させている原因を治療することと、肝機能を補うための投薬です。
肝細胞の線維化の進行を抑制するためには、免疫抑制剤やステロイドの投与を行います。
また、慢性肝炎になった犬に与える餌は、医師からの指導による、良質のタンパク質を含み、
肝臓の負担を軽減するものを与えてください。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:肝臓 >  犬の肝臓の病気:慢性肝炎