犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:歯 >  犬の歯の病気:乳歯遺残

スポンサードリンク

犬の歯の病気:乳歯遺残

犬の歯の病気として、乳歯遺残という歯の異常があります。
犬の歯も人間の歯と同様に、乳歯と入れ替わりに永久歯が生えてきます。
乳歯吸収によって乳歯の歯根が消えて歯が抜け、永久歯が生える余地ができるのですが、
乳歯の歯根吸収が起きずに乳歯が抜け落ちない状態を乳歯遺残といいます。
乳歯遺残になると、歯茎に永久歯が生える余地ができないため、
乳歯の下から永久歯が生えようとして、正常な歯列にならず、不正咬合などの歯列異常が生じます。
乳歯遺残による歯列異常は不正咬合だけではなく、歯が二重に生えたり、
一部に歯が密集して生えるなどの異常が生じることもあります。
乳歯遺残になった場合の治療方法は抜歯ですが、生後5ヶ月までに行わないと
不正咬合が生じてしまうため、子犬の乳歯の状態を日ごろからよく観察しておく必要があります。
乳歯遺残という犬の歯の病気を放っておくと、歯の間に歯垢や歯石が蓄積し、
口臭が生じたり、虫歯や歯周病といった歯の病気の原因になります。
歯が健康であることは、犬にとっても大切なことですので、乳歯遺残の早期発見は子犬の健康対策として重要です。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:歯 >  犬の歯の病気:乳歯遺残