犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:皮膚 >  犬の皮膚の病気:脱毛症

スポンサードリンク

犬の皮膚の病気:脱毛症

犬の脱毛症は、犬の体毛が抜けたり、皮膚炎による化膿症状があらわれる犬の皮膚の病気です。
犬が脱毛症になる原因は様々ですが、主にアレルギーや感染症、
ホルモンなどの内分泌障害があげられます。
犬の脱毛は、健康な場合でも季節による毛の生え変わりで起きるものです。
犬の体温調節のために、秋から冬に生えていた下毛といわれる柔らかく暖かい毛は、
春に向かい暖かくなると抜けていき、
春から夏になると上毛と下毛に比べて固めの毛だけになります。
この場合の下毛の脱毛は、犬の自然な脱毛ですが、部分的に脱毛が激しい部分があったり、
全体に毛の量が減り、地肌が見え、その地肌が赤くなっていたり、皮膚が化膿したり、
悪臭があるような場合は、病気による脱毛だと思われます。
犬の脱毛の治療方法は、脱毛の原因によって異なりますが、
アレルギーや感染症の場合はアレルゲンや感染源を取り除き、
抗ヒスタミン剤や副腎皮質ホルモンの塗布を行うことで、2〜3週間程度で改善が見られます。
脱毛の原因が内分泌障害であれば、内服薬の投与などを行いますが、
改善が見られるまでに1〜3ヶ月かかるといわれます。
脱毛に改善が見られた後も、薬やサプリメントによる免疫機能を向上させる治療をつづけることになるようです。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:皮膚 >  犬の皮膚の病気:脱毛症