犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:身体全体 >  犬の身体全体の病気:熱中症

スポンサードリンク

犬の身体全体の病気:熱中症

が暑さに弱いということをご存知でしょうか。
犬が駐車中の車に乗っている姿を見かけることはよくありますが、これは気をつけなければいけません。
夏になると、車中で赤ん坊が熱中症になる危険を誰もが知っていますが、犬も同じです。
熱中症は、犬にとって気をつけなければならない病気です。
犬は全身を毛に覆われているため、汗の出る汗腺がないため、体温の上昇に対しては、口をあけて熱を逃すという方法で体温調節をしています。
そのように犬は、暑さにはとても弱いのです。
ですから、体温が上昇する車中に長く置いておかれると、熱中症になってしまいます。
車中だけでなく、日陰のない場所につながれて、直射日光にあたり続けることでも熱中症になるため、夏には犬をつなぐ場所を考えなければなりません。
もし、外につないでいた犬や、車中に乗せていた犬が、大量のよだれをたらして激しく呼吸し、体温が40度以上になってしまったら、犬が熱中症になっていると判断します。
その場合、急いで体温を下げるために、涼しい場所に移し、犬の全身に水をかけますが、水を張った浴槽に浸けてやることも体温を急速に浸すためには効果的です。また、水を欲しがる場合、たくさん飲ませてやりますが、脱水症状がある場合は獣医師の下で治療を受ける必要があります。
熱中症は、早く対処をしなければ、嘔吐、下痢、痙攣、呼吸不全やショック症状から死亡してしまう危険な犬の病気ですので、犬が熱中症にかかるような環境を作らないことが重要です。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:身体全体 >  犬の身体全体の病気:熱中症