犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:脳 >  犬の脳の病気:脳炎

スポンサードリンク

犬の脳の病気:脳炎

犬の脳炎は、の髄膜が炎症を起こす犬の病気です。
犬の脳炎には、ジステンパー脳炎や狂犬病脳炎以外に、ヘルペスウイルスによる脳炎、
ダニによる脳炎、細菌性髄膜炎と無菌性髄膜炎があります。
この中の細菌性髄膜炎の原因は、中耳炎や歯肉炎などから侵入した細菌による髄膜の炎症です。
中耳炎や歯肉炎などは、飼い主の犬に対する日ごろからの健康管理によって防いだり、
早期発見早期治療できる病気ですので、飼い主が犬に適切な対処をしてやることで、
犬の脳炎、髄膜炎を予防できるといえます。
また、子犬の頃にジステンパー脳炎などのワクチン接種を受けさせることで、
その後の脳炎、髄膜炎への罹患率を下げることができます。
脳炎や髄膜炎などの犬の脳の病気以外でも、犬の病気は、
飼い主の日ごろからの犬の健康管理への心がけが一番の予防策といえるでしょう。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:脳 >  犬の脳の病気:脳炎