犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:脳 >  犬の脳の病気:脳梗塞

スポンサードリンク

犬の脳の病気:脳梗塞

人の病気に脳梗塞という病気がありますが、脳梗塞はまれではありますが、
にも見られる脳の病気です。
最近では肥満症の犬も増加し、そのために、
人間の成人病と同じような病気にかかる犬が増えているといわれています。
犬の脳梗塞は、脳の血管が破裂することで出血が生じたり、
血栓が脳の動脈に詰まるなどから部分的に脳障害がおきる脳の病気で、重症の場合には、
すぐに死亡してしまう危険な病気です。
犬の脳梗塞の症状は、錯乱や昏睡、麻痺などです。
そのような発作が犬に起きた場合は、犬の脳梗塞が疑われますので、獣医師の下へ運び、
すぐにCTスキャンなどによる検査をする必要があります。
そして、犬の脳梗塞の治療法としては、
血液の血栓形成作用を減少させるアスピリンの投薬を行います。
また、犬は人間よりも血管へのコレステロールや中性脂肪の付着が起こりにくいため、
脳梗塞を発症することはまれですが、まずは予防をすることが大切です。
人と共に暮らす犬が、よりよい老後を送るためにも、飼い主は日ごろから犬の肥満への対策を行い、
犬の脳梗塞などの病気を防ぎましょう。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:脳 >  犬の脳の病気:脳梗塞