犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の骨の病気 >  犬の骨の病気:ひざ関節脱臼

スポンサードリンク

犬の骨の病気:ひざ関節脱臼

ひざ関節脱臼は、犬の後ろ足のひざの皿といわれる骨が脱臼する犬の骨の病気です。
ひざ関節が脱臼しても痛みはないようですが、片足で飛ぶように歩いたり走ったりするようになり、
自然にひざ関節が正常な骨の位置にもどると普通に歩けるようになります。
犬のひざ関節脱臼は、先天的にひざ関節の骨に異常がある場合、
打撲等の外傷により骨の位置がズレたもの、
加齢による骨の変形などの原因で起きるといわれています。
ひざ関節のズレによって外側膝蓋敬帯が傷ついた場合には外科手術も必要になります。
犬のひざ関節の病気に対する予防法として、ひざ関節に付加をかけないように
必要ならばダイエットをさせることも有効です。
犬のひざ関節脱臼が一過性のものならそのままで大丈夫ですが、
何度も繰り返すような場合は獣医を受診し、レントゲンなどの詳しい検査をして、
先天的な骨の病気がないかどうか確かめましょう。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の骨の病気 >  犬の骨の病気:ひざ関節脱臼