犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:泌尿器官 >  犬の泌尿器の病気:膀胱炎

スポンサードリンク

犬の泌尿器の病気:膀胱炎

犬の膀胱炎は、膀胱に炎症が起きる膀胱の病気ですが、
尿道が短いメス犬に多い泌尿器の病気です。
膀胱に炎症が起きる原因は、細菌による感染がほとんどです。
膀胱炎の症状としては、頻尿、排尿困難、血尿があり、痛みを伴います。
そのため、排尿後に陰部をよくなめるようになります。
また、膀胱炎にかかっている犬の尿は、細菌が増殖しているため、
不透明になっていたり、臭いがいつもと違ったりします。
犬の膀胱炎の治療では、抗生物質を投与します。
膀胱炎は、細菌感染が原因ではありますが、
ストレスによっても再発する犬の泌尿器の病気ですので、飼い主は、
犬の生活環境を清潔にすると共に、ストレスを軽減させる環境づくりを心がけてください。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:泌尿器官 >  犬の泌尿器の病気:膀胱炎