犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:泌尿器官 >  犬の泌尿器官の病気:尿道炎

スポンサードリンク

犬の泌尿器官の病気:尿道炎

犬の尿道炎は、尿道という膀胱から通じている尿の通り道が炎症を起こす犬の病気です。
この犬の尿道炎は、排尿困難や頻尿とともに、痛みを伴う泌尿器官の病気のため、
犬にとってもつらい病気です。
犬の尿道炎の原因は、細菌感染が多いのですが、腫瘍や結石がある場合にも起きるものです。
症状としては、尿の色が濃い、排尿したいそぶりを何度もするのに排尿がない、などです。
尿道炎の症状は、膀胱炎とよく似ていますが、
尿道炎の場合は排尿の最初に血尿がでることから判断できるそうです。
犬の尿道炎の治療方法は、細菌に対する抗生物質の投与ですが、
腫瘍が原因の場合は手術で取り除くなど、腫瘍への治療を行います。
オス犬が尿道炎症にかかると、違和感や痛みを感じるため、陰茎をなめるしぐさが多くなるため、
そのような場合は尿道炎症かもしれませんので、犬の尿の状態を観察してみましょう。
細菌感染から起きる犬の病気は、飼い主が犬の生活環境を清潔にしてやることが予防策となります。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:泌尿器官 >  犬の泌尿器官の病気:尿道炎