犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:寄生虫 >  犬の寄生虫の病気:鉤虫症

スポンサードリンク

犬の寄生虫の病気:鉤虫症

犬の鉤虫症という病気は、鉤虫という寄生虫による犬の病気です。
鉤虫は犬十二指腸虫ともいわれ、長さが1〜2cm程度の小さな寄生虫ですが、
名前のとおり鉤のような口を持っており、
犬の小腸の粘膜に食い込んで血を吸う吸血性の寄生虫です。
犬が鉤虫症という病気にかかると、下痢と貧血の症状があらわれます。
出血を含む下痢や、タール便が見られたり、食欲不振による衰弱や体重減少が見られます。
鉤虫症は、貧血がひどくなると、幼犬の場合は死亡することもある
寄生虫の中でも危険な犬の病気です。
治療法は、駆虫薬の内服や注射によって鉤虫を殺すという方法ですが、
急性鉤虫症による激しい貧血やショック症状には、輸血などの処置もおこなわれます。
鉤虫症は母犬からの胎盤感染や、母乳からの感染、足や腹部などの皮膚からの感染です。
鉤虫症の予防策として、犬の便の始末をきちんとすること、犬小屋の掃除や消毒で、
犬の生活環境の衛生に気をつけることです。
鉤虫症という犬の病気は、検便によって簡単に見つけられますので、定期健診をおすすめします。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:寄生虫 >  犬の寄生虫の病気:鉤虫症