犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:寄生虫 >  犬の寄生虫の病気:コクシジウム症

スポンサードリンク

犬の寄生虫の病気:コクシジウム症

コクシジウム症という犬の病気は、コクシジウムという寄生虫が腸管の粘膜に寄生し、
腸を傷つける病気です。
コクシジウムは、顕微鏡でしか見つけられない小さな寄生虫で、
この寄生虫による症状はめったにあらわれないといわれています。
ただ、生まれたばかりの子犬や幼い犬、ストレスにさらされている犬など、
抵抗力が弱い犬がコクシジウム症にかかるといわれます。
そして、コクシジウム以外の回虫などの規制がある場合には、発症率が上がるそうです。
コクシジウム症の症状は、軽い下痢から始まり、血便や粘液便が見られるようになり、
食欲不振による衰弱や脱水症状、貧血をおこしたりします。
コクシジウム症治療方法は、抗原虫薬の投薬や、コクシジウム以外の寄生虫の駆除を行うことです。
また、コクシジウムという寄生虫はとても抵抗力が強いため、一般の消毒では死滅しませんので、
犬の嘔吐や便で汚れたところは、
熱湯や水酸化アルミニウムなどのコクシジウム殺虫液で消毒することが必要です。
予防策としては、犬の便をきちんと片付けることで犬の衛生管理をすると、
幼犬のストレスを減らしてやることです。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:寄生虫 >  犬の寄生虫の病気:コクシジウム症