犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:寄生虫 >  犬の寄生虫の病気:条虫症

スポンサードリンク

犬の寄生虫の病気:条虫症

犬の寄生虫の病気の中に、条虫の寄生による条虫症という病気があります。
条虫症という病気は、犬の腸内に条虫が寄生する犬の病気です。
条虫というのは、サナダムシのことで、成虫になると50cm以上にもなる寄生虫で、
これは人犬共通の寄生虫の病気のため、人間も気をつけなければいけません。
条虫症にかかっている犬は、食欲不振や下痢などの症状があらわれ、体重が減少します。
また、条虫による肛門の刺激でかゆみを感じるため、お尻をなめ続けたり、
お尻を地面にこする行動が見られます。
犬が条虫症になる原因は、条虫に寄生された蚤を食べて口から卵を取り込んだり、
蚊やダニに血を吸われることで感染したりします。
犬の条虫症の治療方法は、駆虫薬の内服や注射によって条虫を殺すという方法です。
条虫症の予防としては、犬の便をきれいに片付けることと、定期的な検便です。
条虫が成虫になると、卵を含んだ部分が自然に千切れて、便内に混ざって排泄されたり、
千切れた条虫の節が犬の寝ているところに落ちていることがあります。
犬の寝ている場所にパンくずのようなものが落ちていたら、乾燥した条虫の節の場合があります。
条虫症は犬の寄生虫の病気ですが、人犬共通の病気のため、
人間にも感染するものですので飼い主自身も気をつけてください。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:寄生虫 >  犬の寄生虫の病気:条虫症