犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:寄生虫 >  犬の寄生虫の病気:回虫症

スポンサードリンク

犬の寄生虫の病気:回虫症

犬の寄生虫による病気の中に、回虫症という病気があります。
回虫症は、犬の腸の中に回虫が寄生する犬の病気です。
回虫が寄生してもいても、犬には特別な症状はないといわれています。
しかし、腸内の回虫が多くなってくると、下痢や嘔吐といった症状が現れてきます。
特に身体のまだ小さい子犬では、回虫が増えると、見た目にも腹部が膨らんでいるのがわかり、
下痢や嘔吐を繰り返す症状が現れます。そして、回虫を吐き出すこともあります。
回虫症をそのままにしておくと、発育不全、貧血、腸閉塞や痙攣などの症状があらわれてしまいます。
子犬が回虫による病気にかかっている場合は、
回虫に寄生されている母犬の胎盤からの感染によって、
生まれた時から回虫に寄生されていることがあります。
また、母犬の母乳からの感染もよくあります。
母犬からの感染以外の寄生の原因は、排便の中の回虫の卵が犬の口に入ることから、
回虫に感染、寄生されるということです。
回虫に寄生された場合の治療方法は、回虫を殺す駆虫薬を飲ませますが、1度だけの投薬ではなく、
投与後2週間以降の再度検査が必要です。そこでまだ回虫がいるようでしたら、
再び投薬をおこないます。
また、回虫による犬の病気の予防策としては、犬の便をきちんと始末することや、
日ごろから回虫感染の検査を行うことが大切です。
回虫は、人間にも寄生することから、犬の便に触れた場合は、
飼い主も手をよく洗って感染を防ぎましょう。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:寄生虫 >  犬の寄生虫の病気:回虫症