犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:中毒 >  犬の病気:鉛中毒

スポンサードリンク

犬の病気:鉛中毒

犬の病気の中には、一般の家庭にあるものによって起きる中毒性の病気があります。
犬の中毒による病気として、による中毒症があります。
鉛による中毒症の症状では、嘔吐や下痢、痙攣発作が繰り返し起こります。
犬が鉛中毒になる原因としては、家庭の中にあるリノリウムの床材、
古いペンキや絵の具、自動車の部品やバッテリーを舐めてしまったり、
鉛が含まれる製品を飲み込んでしまったりすることがあげられます。 
犬は家の中にあるものや、庭にあるものを何でも咥えたり、噛んだりして遊びます。
飼い主にとっては気にしていないものであっても、
犬はおもちゃとして口にするかもしれません。
日ごろから、犬の生活環境の中に鉛を含むものを放置しないように注意することで、
鉛中毒という犬の病気は防げるのです。
現在犬を飼っている人や、これから犬を飼おうと考えている人は、
犬の病気を予防するために、
犬小屋などの犬の生活環境についても注意をはらいましょう。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:中毒 >  犬の病気:鉛中毒