犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:中毒 >  犬の病気:チョコレート中毒

スポンサードリンク

犬の病気:チョコレート中毒

犬の病気の中に、チョコレートによる中毒があります。
犬のチョコレート中毒は、重症になると死亡することもある危険な犬の病気です。
犬を飼っている人の中には、犬に安易に人間と同じおやつを与えている人もいます。
犬が欲しがるからとか、犬が喜んで食べるからなどと、
チョコレートが入ったお菓子を与える飼い主もいますが、
それは犬の健康のためにやってはいけないことなのです。
チョコレートに含まれるテオブロミンという成分は、犬の中毒症状を引き起こさせる成分です。
チョコレート中毒が起きた犬の症状には、嘔吐や下痢、腹痛、発熱、不整脈、
運動機能失調や痙攣の発作などがあります。
犬のチョコレート中毒に対する治療法は、重い症状の場合は胃洗浄を行います。
また、解毒を早めるために排泄を促進する点滴を行います。
チョコレート中毒は、飼い主の注意によって予防できる犬の病気ですので、
飼い主は気をつけてください。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:中毒 >  犬の病気:チョコレート中毒