犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:皮膚 >  犬の皮膚の病気:毛包虫症

スポンサードリンク

犬の皮膚の病気:毛包虫症

毛包虫症という犬の病気は、イヌニキビダニが毛穴の中で増殖する病気です。
イヌニキビダニは、健康な犬であっても
ほとんどの犬の皮膚に寄生しているといわれています。
それは、母犬から子犬へと感染しているためだと考えられています。
毛包虫症という犬の病気の症状は様々ですが、全身の脱毛、
目や口の周囲の腫れ、皮膚のただれなどがあるようです。
それがひどくなると食欲がなくなったり、衰弱が見られたり、
発熱を生じることもあるようです。
毛包虫症の治療方法は、
犬の毛穴の中に入り込んでいるダニを駆除するための殺ダニ剤の塗布や、
薬浴を行います。
ただ、皮膚の内部に入り込んでいるダニを全て駆除することが難しいことや、
ダニはどこにでも生息していることから、完治は難しいといわれています。
特に足にできた毛包虫症は直りが悪いとされています。
毛包虫症改善のために大切なことは、犬の免疫力をつけることと、
飼い主が犬の身体や生活環境を清潔に保つことが一番のようです。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:皮膚 >  犬の皮膚の病気:毛包虫症