犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:口 >  犬の口の病気:メラノーマ

スポンサードリンク

犬の口の病気:メラノーマ

犬の口の病気に、メラノーマという口腔内にできる腫瘍があります。
メラノーマの症状は、
口の中だけでなく眼球や皮膚に茶色や黒褐色の結節が現れるものです。
このメラノーマは黒色腫ともいわれていますが、
良性のものと悪性のものがあります。
皮膚にできるメラノーマは良性のものが多いといわれ、
頭や胸、腹、背中、足にできるものは良性の場合が多いようです。
また、悪性のメラノーマは、口の中や指にできることが多いといわれています。
悪性の場合進行が早く、メラノーマが見つかったときには
すでにリンパ節や肺への転移が起きているなど、
治療が不可能ということもあるようです。
治療方法としては、ガン組織の切除手術と、
転移を防ぐための放射線治療があります。
メラノーマは犬の口だけの病気ではなく、
体中どこにでもできる危険な犬の病気ですので、
日ごろから犬の身体をよくチェックしてあげましょう。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:口 >  犬の口の病気:メラノーマ