犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の骨の病気 >  犬の骨の病気:骨腫

スポンサードリンク

犬の骨の病気:骨腫

犬の骨の病気に、骨に腫瘍ができる骨腫があります。
犬の骨に骨腫ができると、足が腫れてきたり、歩くときに足を引きずるような症状が現れます。
犬の骨腫は良性の腫瘍ですが、急激に骨の中の腫瘍が大きくなっていくために、
歩行困難になることがあります。
また、犬の骨の病気には、良性の骨腫だけではなく、悪性腫瘍の骨肉種もあるため、
犬の骨に腫瘍ができた場合は早く獣医師に見てもらわなければなりません。
犬が骨腫になる原因はわかっていないようです。
骨腫はまれな犬の病気ですが、若い犬が発症することが多い病気だといわれています。
腫は良性の腫瘍ではありますが、同じ骨に腫瘍ができる病気には悪性の骨肉腫もあります。
骨腫といわれるもののうち、85%が悪性の骨肉腫だといわれます。
犬の骨の病気にも様々な種類がありますので、
飼い主は病院できちんとした検査を受けさせなくてはなりません。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の骨の病気 >  犬の骨の病気:骨腫