犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の骨と関節の病気 >  犬の骨の病気:関節炎

スポンサードリンク

犬の骨の病気:関節炎

犬の骨の病気関節炎があります。
犬の関節炎は、高齢になったために生じる犬の骨の病気だといわれていますが、
原因がはっきりしない原発性骨関節炎と、何か原因があって二次的に関節炎になったり、
関節が変形してしまう二次性骨関節炎があります。
原発性骨関節炎は原因がわからないのですが、関節軟骨のクッション性が失われるために、
痛みが生じるといわれています。
関節軟骨のクッション性が失われる痛みは、人間の高齢者にも起きる症状と同じです。
二次性骨関節炎は、靭帯や半月などの損傷があったり、細菌などによる関節の炎症、
股関節形成不全などの先天性の骨の疾患などが原因にあるために生じる
犬の骨の病気だといわれています。
犬の関節炎は痛みを伴うため、犬にとって苦しい病気です。
しかし、痛みがあるからといって運動をしないでいると、関節が硬くなり、
動けなくなったり痛みが激しくなるため、少しづつでも動くことがよいといわれています。
また、犬に肥満があるとよけいに関節に負担をかけてしまうため、
ダイエットをさせてやることも治療の一環として大切です。
犬が足を引きずって歩いたり、立ち上がるのを嫌がったりする場合は、
骨の病気かもしれませんので、獣医師に見てもらってください。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の骨と関節の病気 >  犬の骨の病気:関節炎