犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:リンパ節 >  犬のリンパ節の病気:多中心型リンパ腫

スポンサードリンク

犬のリンパ節の病気:多中心型リンパ腫

リンパ腫という病気は、リンパ節のガンです。
犬のリンパ腫の中で最も多い病気は、多中心型リンパ腫といわれるものです。
多中心型リンパ腫は、犬の体中のリンパ節がガン化する病気です。
多中心型リンパ腫の症状は、犬のあごの付け根、わきの下、足の付け根、
ひざの裏などにあるリンパ節が腫れてくることです。
何かの感染症にかかっている場合にもリンパ節が腫れることがありますが、
感染症にかかっていないのに何ヶ所かのリンパ節が腫れてきた場合には
多中心型リンパ腫が考えられますので、
すぐに動物病院で診察を受けさせてください。
多中心型リンパ腫の治療方法は、
ガン化したリンパ節を手術で切除する方法と、化学療法です。
人間のガンと同じように、犬のガンも進行状態によって治療の効果が異なります。
飼い主は、リンパ節の犬の病気を早期発見してやれるように、
スキンシップをはかりながらリンパ節の腫れがないか
日ごろからチェックしてあげてください。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:リンパ節 >  犬のリンパ節の病気:多中心型リンパ腫