犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:骨 >  犬の病気:急性胃炎

スポンサードリンク

犬の病気:急性胃炎

犬の病気には、急性胃炎という消化器官の病気があります。
急性胃炎は、腐った水や、食べ物、
異物などを食べたりすると起こりやすい犬の病気です。
急性胃炎が原因で、伝染病の原因になったりもしますので、
注意が必要です。
犬の急性胃炎でよく見られるの症状が、痛みによって、
吐き気を繰り返す動作をしたり、胃液、粘液、
血液などを吐いてしまい、
脱水や皮膚のたるみが見られる場合もあります。
腐った水や食べ物などが原因であれば、
2日くらい何も与えなければ、だいたい1週間以内には、
症状の回復が見られるはずです。
症状が回復したら、少しずつ水を与えて、
消化の良い流動食を食べさせて様子を見ましょう。
それでも嘔吐が続くようであれば、
もしかしたら他の病気も考えられるので、
犬の病気に詳しい獣医さんに早めに相談して、
診てもらうことをオススメします。
どちらにしても、犬が消化器官の病気にならない為にも、
毎日衛生的な水と、食べ物を与えましょう。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:骨 >  犬の病気:急性胃炎