犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:呼吸器 >  犬の呼吸器官の病気:気管支炎

スポンサードリンク

犬の呼吸器官の病気:気管支炎

のかかる病気に呼吸器官の病気があります。
その呼吸器官の病気の一つには、気管支炎という病気があります。
犬が気管支炎にかかる原因は、遺伝や老化、肥満が考えられるといいます。
また、細菌やウイルスが原因で気管支炎になる場合もあります。
気管支炎の症状としては、咳が続いたり、呼吸困難を起こすなどが見られます。
犬の呼吸器官の病気の中でも気管支炎は、特に小型犬に多くみられるようです。
気管支炎の治療方法としては、内科療法や吸引療法などをおこないます。
あとは、元気になるまで安静にさせて、できるだけ喉に刺激をあたえないよう気を付けるようにしましょう。
毎日こまめに犬小屋を消毒し、清潔な環境を保つのも一つの予防方法です。
ペット商品の通信販売でも人気の「天使の水」というペットの消臭殺菌スプレーも大変効果的で、
おしっこの臭い消しや、体に直接スプレーしても安心な商品ですので試してみるのも良いでしょう。
愛犬が病気にならないように、毎日清潔な環境で生活させてあげましょう。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:呼吸器 >  犬の呼吸器官の病気:気管支炎