犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:血液 >  犬の血液の病気:血小板減少症

スポンサードリンク

犬の血液の病気:血小板減少症

犬の病気の中には、血小板減少症という血液の病気があります。
血小板減少症は、名前の通り血液中の血小板の数が減少してしまう病気です。
病気の症状としては、出血斑が口や鼻の粘膜や皮下に現れたり、内出血したりします。
そして、吐血、下血、血便、血尿、出血がひどい場合は、犬が貧血を起こします。
血小板が急激に減少して、出血すると血が止まらず失血死する場合もあります。
病気の原因は、赤血球の破壊や白血病やウイルスの感染などによって起こります。
また、犬の血液の病気には、血小板減少症血小板自己抗体による自己免疫性の特発性血小板減少性紫斑病という病気もあります。
出血が見られる時の一般的な治療法としては、ステロイド療法が行われます。
犬の病気によっては、飼い主さんの早めの発見と治療で防ぐことができます。
そのためは、愛犬がいつもと違って様子がおかしいと思ったら、獣医さんで診てもらうことをお勧めします。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:血液 >  犬の血液の病気:血小板減少症